IROAS(イロアス) 公式メディア

IROAS(イロアス)の公式メディアです。IROAS(イロアス)が運営する一般公開型のオウンドメディア。日々進化を続けるIROAS(イロアス)の「今」や壮大な世界の中で起こる軌跡をご紹介します。

インバウンドビジネス最前線

Let’s get language freedom !
国際言語学者の溝江達英です。

日本政府は、東京オリンピックが開催される2020年の訪日外国人数の目標を2,000万人から4,000万人に引き上げました。なんとオリンピックが終わった10年後の2030年には6,000万人を目指すといいます。

観光庁の外国人消費者動向調査によれば、3年前の2015年の時点で、訪日外国人数は1937万人だったというのですから、その時点で東京の人口である1300万人を大幅に越えた外国人が日本を訪れたのです。滞在日数が限られた観光客は観光している間に贅沢を楽しむわけですから落とすお金も莫大なわけです。

2000万人から4000万人、そして更に6000万人という目標は、今後、日本人は日本語だけで商売していては、大きなビジネスチャンスを逃すことを意味しています。2030年には強気にも日本の人口の約半分である外国人観光客6,000万人時代を迎えるという予想が立っているのです。これはとんでもないことです。この間に、小学校での英語教育が導入されていくのです。

訪日外国人の国籍別で見れば、圧倒的に中国人が多いのですが、香港や台湾からも多く、なんとロシア人も多いのです。そして、彼らは日本の素晴らしさに感嘆し、リピータになり、何度も何度も日本に訪れるのです。実際、我が家にも毎日、ひっきりなしに訪日ロシア人の観光ガイド依頼が来ている状態です。

インバウンド向けの施策を積極的に行ってこなかった企業は、まさにここからがチャンスです。平昌オリンピックの時もそうでしたが、急いでハングルでしか書かれてなかったメニューも英語化することで、売上を伸ばした店が続出しました。

今は、ホテルには外国人観光客が使える携帯電話がおいてあり、東急系列のホテルでは今後、部屋の中に洗濯機・乾燥機を備え付けるところもでてきました。日の丸交通というタクシー会社では12カ国から外国人のタクシードライバーを採用しているというのです。去年は7名の外国人ドライバーが今年は24名に増えたというのですから、それだけインバウンドビジネスに企業は目をつけている証拠なのです。

このインバウンドビジネスはものすごい可能性を秘めています。多言語対応はもちろんのこと、電子決済サービス、免税サポート、インバウンド対応食品、お土産ビジネス。どれでもチャンスになります。お土産に至っては、外国人はふりかけが大好きで、ふりかけを売ってあげるだけでもビジネスになります。私は、東京から日本のおかしの詰め合わせを海外へ送る業者からのコンサル依頼を受けたことがありますが、日本には海外にはないとてもいいお菓子があるのです。

なにげない日常がすべてビジネスチャンスに変わります。日本の普通は外国人にとっては普通ではないからです。

旅行者の旅立ちの前の下調べ、実際に日本に到着し、観光している最中、帰国後でも、どのフェーズでもビジネスチャンスがあるのです。助けてあげるだけで、喜ばれ、お金を落としてくれるのです。

メディアでもガイドブックでのアプローチ、売る商品にチラシ同封、海外メディアのSNSアカウントを使う、今あげた戦略のすべてを使う(クロスメディア戦略)ことができます。

日本人だけに特化しなくても、これからは日本に来る外国人へ向けてのビジネスも上昇トレンドなのでその波に乗るべきだと思っています。こうして積極的にインバウンドビジネスにかかわる姿勢こそが語学学習のモチベーションをあげる起爆剤になります。

と同時に今後日本に住む外国人がどんどん増えて行くはずです。そうなってくると、残念ながら、日本人の給料が下がることを意味しています。ですので、インバウンドビジネスは、自分の給与を下げない為にも、仕掛ける側に回るほうがいいのです。

そんな中でも、なんだかんだ言っても、語学ができれば主導権が握れます。語学を武器に、この国際化の波で自分を安く叩かれないものにしていくよう防衛するのです。もう英語ができなくてもいい時代は終わりました。これからは人口動態的に考えて、少子高齢の日本は、目に見えて外国人が増えて行く社会となります。このインバウンドの波に備えて、自己防衛の意味でも、外国語の学習チャンスを逃してはいけないと思っています。のんびりもしていられないと思います。

ただ単に海外旅行だけできればいいや的な道具としての語学の使いみちは終わりました。これからは自分を安く買い叩かれない為のインバウンド対応した自己武装が必要で、そこで語学を武器にしていただきたいと思います。

ちょっとできるだけでも全然違うものです。ぜひグローバリストのコンテンツを御覧ください。

5.0 rating

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
Bitnami