IROAS(イロアス) 公式メディア

IROAS(イロアス)の公式メディアです。IROAS(イロアス)が運営する一般公開型のオウンドメディア。日々進化を続けるIROAS(イロアス)の「今」や壮大な世界の中で起こる軌跡をご紹介します。

基礎英語を固める(疑問詞編)

こんにちは 国際言語学者の溝江達英です。

今日は英語の基礎をすこしおさらいしてみたいと思います。

疑問詞はYES・NOで答えがでないものに対して使います。

Do you know him ?

これだったら、彼を知っていますか?

はい、知っています。

いいえ、知りません。

という風に、YES, NOで白黒はっきりつけられます。

でも、

彼が誰だと思いますか?

という場合は

*はい、思います。とか *いいえ、思いません。という風には答えられないのです。

このように、Yes, Noで答えられない時に、疑問詞の出番となります。

彼が誰だと思いますか。

これは

Who do you think he is ?

このようになります。

人の場合はWhoが疑問詞になるというのは知っている人も多いかと思います。

なかなか疑問詞はあなどれないので、今回は注意したい疑問詞を特集したいと思います。

日本語の疑問詞の”どこ”が英語では悪さをする例を紹介させてください。

あなたの住所はどこですか。

これは日本語の”どこ”という疑問詞につられて

Where is your address ? ってやりがちなんですが、

What is your address ? じゃないといけません。

というのも住所とは住んでいる場所につけられた”名前”で、名前を尋ねるときの疑問詞はWhatです。

実際、名前を尋ねるときはWhat is your name ? ですね。

どこの高校に行ったのですか?と

かつての母校の”名前”を聞きたいときは

これまた高校の名前(=名詞)が答えとして予測されるわけです。

だから

What high school did you go to ? と表現するのが普通です。

ダメ押しでもう一例ですが

アメリカのどこから来ましたか。と聞きたい場合も

ニューヨークから来ました。など、答えとしてニューヨークという地名(=名前)を聞き出したいわけですから

What part of the United States are you from ?

このようにwhatを疑問詞として英文を作ることができます。

このように一生使えるルールを押さえておけば、

一貫性をもって疑問詞Whatを日本語の”どこ”に引きずられずに使いこなすことができるわけです。

あと疑問詞で注意したいのは

ドナルド・トランプは何代目の大統領ですか。という言い方です。

英語には何番目という疑問詞がないので、発想を変えなければなりません。

ドナルド・トランプの前に何人の大統領が居たのですかという言い方で、何番目なのかという問いを作ります。

How many Presidents were there before Donald Trump ?

このパターンを応用して

池袋駅はここから何番目ですか。という英文を作ることができます。

池袋駅の前には駅がいくつあるのかと発想すればいいだけです。

How many stations are there before Ikebukuro Station ?

こうなりますね。

英語学習の初期の段階では

日本語を聞いて、即時に英語にできるように練習するのが一番いいです。

ただ、聞き流せばいいというのではなく、なぜそうなるかの構造がしっかりわかることが重要です。

このような短文をたくさん頭にちゃんと理解して着実にインストールしていくと、頭のなかに英文の型が出来てきて、ひいては自由に英文を創り出すことができるようになるのです。創出文法脳が形成されるのです。

英語の洪水にいれば英語ができるという神話をかなぐり捨てて、ちゃんと日本語で言語構造を理解し、忘れない文法を手に入れ、一生涯に渡って使える英語力で戦っていきましょう。

英語を英語で考えろ!といいますが、そう言っている本人がそんなことできてないし、みんながそうできたら、もうとっくに日本人の全員が英語ペラペラなはずです。

ですから、そんな嘘くさいもっともらしく聞こえる売り言葉に耳を貸さず、愚直に、日本語と英語の比較をし続けてください。

それが一番効率のいい大人の勉強法です。

短文をストックするノートを皆さん準備されることをオススメします。もちろん、先回オススメしたEvernoteにストックしていくのもいいと思います。

とりあえず1日1ミリで構いません。成長していきましょう!

5.0 rating

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
Bitnami