IROAS(イロアス) 公式メディア

IROAS(イロアス)の公式メディアです。IROAS(イロアス)が運営する一般公開型のオウンドメディア。日々進化を続けるIROAS(イロアス)の「今」や壮大な世界の中で起こる軌跡をご紹介します。

フォーカスを絞る3つの『コツ』

フォーカス

上村です、

私は何度か繰り返し、

「フォーカスを絞ることの重要性」

について話しています。

まだ自分のビジネスで十分な収益を上げられていない状態や、ファーストキャッシュ、つまり0→1を達成できていない状態であれもこれも手をつけるのは危険です。

なぜなら意識のエネルギーが分散し、成果が出るのがとにかく遅くなるからです。

最悪、どれも中途半端になり1円もお金を稼げないという状況にもなりかねないです。

なので自分がどの分野にフォーカスを絞り行動していくのかは非常に重要です。

フォーカスを絞る『コツ』

フォーカスを絞るにはいくつか『コツ』があります。

今日はその中の3つをあなたに共有したいと思います。

あなたのフォーカスを絞る1つの参考としてみてください。

コツ1:自分の「ライフプラン」を持つ

ライフプランというのは人生計画です。

つまり自分がどのような人生をこれから送りたいのかを明確に設計することです。

そうすることでその人生を実現するための手段(ビジネス)を逆算して見出すことができるようになります。

多くの人は年収などの目標金額から自分のビジネスを選択しますがこれはあまりおすすめできません。

なぜなら人生の真の価値というのはその先にあるからです。

具体的に言うと

「どんなライフスタイルを送りたいか?」

です。

私たちの幸福度や充実度は普段の日常生活の中から生まれます。

当たり前ですが目標年収からは直接的には生まれません。

これは1年後も3年後も5年後も10年後も同じです。

だからこそ未来のあなたは、普段どのようなライフスタイルを送っていたいかを真剣に、そして自由に想像してみると良いです。

具体的には、

・どんな場所に住んでいるか?
・どんな移動手段を使っているか?
・どんな余暇を過ごしているか?
・どんな趣味や娯楽を楽しんでいるか?
・家族や大切な人とどのように過ごしているか?
・周りの付き合う人たちはどのような人たちか?
・どのような身なり、服装をしているか?
・どのような食生活を送っているか?
・どんな健康状態か?
・どんな時間の使い方をしているか?
・どんな感情を常に感じているか?

このような視点からライフプランを作り逆算していくとビジネスのフォーカスを絞る1つのヒントとなると思います。

コツ2:才能にマッチさせる

才能というのは、言葉を換えると強みとも言えます。

人それぞれ持っている才能(強み)というのは違うので、それを最大限に活かせるビジネスにフォーカスすると成果はとても出しやすくなります。

(世界的に有名な経営学者、故ピーター・ドラッカーも「強みの上に築け」と言っていますよね)

ちなみに

「私には才能や強みはありません」

と感じてしまう人もいるかもしれませんが安心してください。

才能や強みがなくこの世に生まれてきた人は誰一人としていないからです。

もしそう感じてしまうのであればそれはまだ見つけられていないだけです。

そしてそれを見つけるための最も手っ取り早い方法は「他人に聞くこと」です。

特に自分の才能というのは自分自身では当たり前と思っているので自分1人では気づきにくいです。

なので他人からの意見をぜひ請うてみてください。

ちなみにこの他人、というのはすでに成功している人やメンターもしくはそれに近い人に聞くとよりその回答の精度が高まります。

なぜならその人たちはそれまでに五万という人を見て指導してきた経験があるので人の才能を見抜くその選定眼が優れている傾向が高いからです。

(自分で言うのもなんですが私の人の才能を見抜く選定眼はかなり優れています)

なのでそうした人物にぜひ意見を求めてみると良いです。

実際に私自身も、以前メンターから

「上村さん、コピーうまいですね」

このたった一言で自分にコピーの才能があるということに初めて気づかされました。

それまでは自分がコピーがうまいとは一度も思ったことはなくむしろ苦手意識を持っていた、と言いますか特に文章を書くことには軽いトラウマさえ持っていました。

(詳しくは私の最初のHJ通信を見てみてください)

なので意外と自分が苦手意識を持っていることが実は強みだったというケースもあります。

そして多くの人はそうした他人からの意見、特に褒め言葉に近い言葉を言われると謙遜しそれをどこか全身で受け止めず軽く受け流してしまう傾向がありますがこれは非常に勿体無いです。

なぜならそうした他人からの評価の中に莫大な富に変わる金脈が隠れていることがあるからです。

なのでこれからは周りの人からのそうしたフィードバックにもしっかりと意識を向けると良いと思います。

ちなみに自分の強みを発見する視点はほかにもいくつかあります。

例えば自分のコンプレックスは強みに変わる可能性があります。

私の例で言えば、昔ファッションに強烈なコンプレックスがあり、それを改善するために勉強し今では人にアドバイスを求められるようになりました。

(昔恋愛ビジネスのバックエンドでファッションのコンサルを行っていたこともあります)

また私は昔コミュニケーションに相当なコンプレックスがあったので、それを改善するために努力し今では人並み以上のコミュニケーション能力を手にすることができました。

(昔は口下手でよくどもったり声が上ずったり滑舌が悪かったり噛んだりしていました、、、噛むのは今でもですね笑)

また自分の顔にコンプレックスがある女性がメイクアップの技術を学びそれを仕事にして業界で大活躍している人もいます。

こうしたコンプレックスが強みに変わったというケースはたくさんあります。

こうした視点もあなたの強みを発見するヒントになるかもしれません。

あとは自分が長年時間や労力、お金などをかけてきた分野も強みに変わる可能性も高いです。

とにかくあなたの中にも必ず強みはあるのでそれにマッチしたビジネス、言葉を換えるとその強みの上にビジネスを築くことを考えると一気にフォーカスが絞れるようになると思います。

コツ3:自分の心の声に従う

最後はこれです。

上記のコツ1、2も結局はここにつながりますが自分の心の声をしっかりと聞きそれに従うことでフォーカスを絞ることができるようになります。

多くの人は迷走しています。軸がブレている人も多いです。

そしてそれは自分の心の声ではなく周りの情報や他人の声ばかりを聞いていることが原因となっていることが多いです。

わかりやすく言うと、

自分のための人生ではなく、他人のための人生を生きている人が多いです。

他人のための人生を生きている限り、自分が本当に生きたかった人生を送ることはできません。

真の自由を手にすることはできません。

情報の取得や他人とのコミュニケーションももちろん大事ですが、それと同等、もしくはそれ以上に大事なのは

「自分とのコミュニケーション」

です。

あなたの心の奥底にある声があなたを理想の未来へと導いてくれる人生の羅針盤となります。

たまに誰にも邪魔されない静かな場所で自分と深く対話できる時間を確保することをお勧めします。

するとフォーカスがブレるということはなくなります。

■コツ1:自分の「ライフプラン」を持つ
■コツ2:才能にマッチさせる
■コツ3:自分の心の声に従う

この3つの視点からぜひ自己省察をしてみてください。

未来を見るぼやけていたピントが一気に絞られクリアになり、一切迷うことなく一直線でその未来へと到達できるようになります。

いつもありがとうございます。

上村

5.0 rating

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
Bitnami